<< 究極の博多とんこつを会得!強行日程・研究の旅(2)
日本縦断!?味のあるキャラバン旅(1)
東池袋大勝軒の飯野敏彦、兵庫・淡路島へ味探求の旅

今回は、兵庫・淡路島の催事に出店参加した時の旅の話をブログします。
今回は、色々と荷物があるので自動車での旅。愛車は、知る人ぞ知る、「スバルサンバー650」、軽トラ。東池袋大勝軒本店のマスコットにしたい車両で、可愛く愛嬌のある昭和レトロなガンバリ屋さん。荷台に、催事出店で使う道具類、鍋に什器、ハッピ、ゴム長にのぼり旗など、商売道具から備品まで、ギッシリ積み込み準備完了。

出発の日。早朝3時半起床。まだまだ暗い。4時に本店へ。
仕込みを始める。社員の伍代くんがその合間に、まかない朝ごはんを準備する。いつもより早い時間。朝からボリューム満点の「まかない焼きそば」。味付けを確認しながらもアドバイス、そして、完食。腹ごしらえを終え、荷造りを最終確認。旅支度、完了。おもむろに、エンジンをかける。キャラバン隊、出発進行!!

午前5時、[池袋]を出発。本店で働くお母さん的な存在の青木さんの愛情弁当(おにぎり)を持って、徐々に明るくなり始める[中央道]を、いざ山梨方面へ。

午前8時頃、[長野・諏訪湖]で、お弁当休憩。左に南アルプス、右に八ヶ岳の絶景を見ながら、調度いい塩加減の程よい大きさの「三角おにぎり」を食べる。一緒に入れてくれた「自家製漬物」。素朴でシンプルな手作りおむすびセット。たまらなく美味しかったな〜。「青木さんご馳走さまで〜す」と心から感謝。休憩を終え、移動。[岐阜]に立ち寄り、ちょっとミーティング。すぐに移動。走る。愛車、ガンバレ!走りに走る。

昼の12時頃には、[大阪]を通過。睡魔が襲ってくるが、眠気覚ましに大声で歌う、思いつくままの歌をうたいながら、左に海が見えてくる。まもなく港町[神戸]へ。
六甲山を右に見ながら、[明石海峡大橋]へ。噂のうず潮を見物しながら、いよいよ[淡路島]へ。夕方4時半に無事、催事会場に到着。先入りしていた社員と合流し、明日の仕込みをスタート!

仕込み準備を終えたのが夜の10時間過ぎ。宿泊予約をしている旅館は、会場から車で40分ほどの閑静な山奥の宿。真っ暗な未知なる道を車で走る。野性の鹿に遭遇しながら、キャラバン隊が、部屋に着いたのが真夜中の24時でした。

…次回へ続く