<< 日本縦断!?味のあるキャラバン旅(2)
日本縦断!?味のあるキャラバン旅(3)
東池袋大勝軒の飯野敏彦、兵庫・淡路島へ味探求の旅

荷物山積みの愛車「スバルサンバー650」。ゆるやかな走りで淡路島から神戸を通過。その日の夕方に、「食い倒れ」の街“大阪”に到着。早速、九州から大阪に進出し、「大阪製麺処」といううどんの店にも挑戦している、噂の博多とんこつの店「天神旗」で、「あっさり味」と「こってり味」の「とんこつラーメン」を食す。

明日は、大阪の知人に「大阪の“元祖”味巡り」案内をお願いしているので、筋トレをしながら明日に備える。
翌朝、10時過ぎ、食べ歩きスタート。元祖きつねうどんの店「うさみ亭マツバヤ」へ。開店前にドアを開けるも快く店内へ。気取らない庶民的な店構えにリーズナブルな値段。550円の「元祖きつねうどん」と「おじやうどん」。ちょっと気になった「ナニワ焼きうどん」も注文し、やや遅めの朝ごはん。味を確認しながら完食。

ダシの効いた関西の味付けに納得しながら移動。関西名物のお好み焼き屋へ。「豚玉」に「極太麺入りお好み」をオーダーし、大阪の味を楽しむ。

より多くの味を経験したいということで足早に次の店へ。
ラーメン店「金久右衛門(キングエモン)」へ。「塩ラーメン」「しょうゆラーメン」を食す。

時間がちょうど昼の3時頃ということもあり、たこ焼きの元祖と言われる「たこ焼きの元祖 会津屋」へ。メニューに“ラヂオ焼き”とあり、“何だろう?”と思いながら、「ラヂオ焼き」を注文。2人前を食べる。美味しくいただきました。
後日、調べてわかったことだが、見た目はタコ焼きだと思ったが、実は、具材がタコの代わりにすじコンニャクだったと知りビックリ。かなりの量を食べているが、好奇心と探究心で、まだまだ食べるゾ!と次の店へ移動。

創業180年の老舗「たこ竹」へ。ちらし寿司で有名なお店。盛りだくさんの具が見た目も鮮やかで食欲をそそるが・・・店内で食べずに、お土産としてテイクアウトにする。

「食いだおれ」の街で食べましたね〜。食い倒れそうになりながらも大満足。大阪を案内していただいたみなさん、ありがとうございました。

その後、一路、浜松へ。東池袋大勝軒本店で修行し独立した浜田くんの店、ラーメン「浜田山」に立ち寄る。開店祝いに大きくはばたいて欲しいとの願いを込めて贈った家紋入のれん。「受け継いだ味、地域を踏まえた味をしっかり出していけば大丈夫だ!」と激励。近況話を聞きながら、近くの老舗「餃子 むつ菊」で餃子を食す。

愛車は、東名高速へ。ゆったりとした走りで、帰路、東京へと向かう。

お世話になったみなさん、本当にありがとうございました。
今回も無事故で終え、次につながる“味な”経験をした「味のあるキャラバン旅」でした。


  • すっきりした関西風のダシ味に
    味付き油揚げ「元祖きつねうどん」

  • 極太麺が入った
    モダン焼き風「お好み焼き」
    ソースは、お多福ソース?!

  • 餃子メニューが豊富な老舗
    「餃子のむつ菊」で浜田くんと記念撮影

  • あっさりした印象を感じさせながら
    奥行きのある「塩ラーメン」!

  • 色合いが食欲をそそる
    海鮮素材が豊富な「ちらし寿司」

  • 「餃子のむつ菊」の餃子